栃木百名山第30座 黒岩山 栃木百名山で一番遠いボス

栃木百名山全山踏破を達成しました。ラスボスは第30座黒岩山です。(でも99でした。)

八丁の湯
八丁の湯に泊まりました

 栃木・福島・群馬の3県の境界にそびえる名峰です。

奥鬼怒温泉、尾瀬沼、大清水、福島の台倉高山などのどこから入っても超ロングなワイルドルートです。八丁の湯に宿泊し、早朝のスタートから往復12時間を超える歩行タイムでした。

下山予定時刻を30分ほどオーバーしましたが、総歩行距離25kmを超える本当に大変な登山を満喫できました。

朝は小雨
朝は小雨

早朝5時半に八丁の湯を出発しようとしたら、急に小雨が降り出しレインスーツを着て出発、なんだかんだで30分はロスしてしまいました。小雨や霧は収まらず鬼怒沼への登りの途中で、雨で引き返す登山者もいました。

山名板
山名板

 しかし、今回を逃すと一年間登れないという半ばやけっぱちで鬼怒沼へと登りました。避難小屋で一休み、この後どうするか思案しました。天気が好転しそうな兆しが見られたので、決行することとしました。

鬼怒沼山の分岐までは、一度行ってるので足取りは軽かったのですが、そこから先はそれほどの急登は無いのですが、鬱蒼とした林の中を、リボンと踏み跡を頼りに山頂へとひたすら歩きます。途中だれともすれ違いません。

燧ヶ岳がときおり顔を見せてくれたのが心の支え。なんとか、黒岩山分岐へと着きました。しかし、此処から先30分がヤブの中の急登、道迷いはないのですが、汗と木々に付いた露で全身びしょ濡れです。やっとの思いで念願の山頂にたどり着きました。

感無量です。

栃木百名山の自作ポロシャツ
栃木百名山の自作ポロシャツ

霧があり眺望がないのが残念でしたが、ラスボスに分かれを告げて程なく下山しました。同じ道を下るのですが、下山の長さがまた呆れてしまいました。途中、足が痙攣しそうになるのを塩分や水分、アミノ酸等を補給しながらなんとか鬼怒沼へ。

ここで、やっと登山者に会うことができました。避難小屋で一泊するとのことでしたが、お互いに情報交換をして別れました。

鬼怒沼を下る頃には薄暗くなり、八丁の湯で心配しないように電話をかけたいのですが、電波がない。

ようやく6時頃に、待望の電波が届き、夕食に30分遅れる旨連絡ができました。その後のビールが美味しかったのはいうまでもありません。

 

栃木百名山登山の記録はこちら

 

栃木百名山一覧はこちら

 

栃木の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です