栃木百名山第51座火戸尻山:小来川から急登の低山

火戸尻山は日光の鳴虫山と尾根筋で連なっている低山。アカヤシオの季節がいい。

4月末は日光の低山がアカヤシオの時期となる。ここ火戸尻山もアカヤシオが点在しきれいな花を見せてくれる。

 

登山口は東小来川の沢筋を登り、支流を左手に入ったところの路上に車止めて取り付きます。標高差300mですが、なだらかなのは最初の沢筋だけです。途中から尾根筋に生ると結構な急登ですから、ここまでに体力を温存しましょう。

 

ずっと図技ばやしの中なので眺望はありません。踏み跡とリボンが有るので道迷いはないでしょう。長めの代わりにスミレなどの花々で癒やされます。

  

しかも多いのでしょうね。ネットがしっかりと巻いてあります。下の写真くらいの急登の連続となります。

 

急登ですが距離は短く。1.5kmも登れば山頂です。山頂も鬱蒼としています。3等三角点も有りました

 

 

帰る途中端正な山が司会に履いてきました。山な同定はできませんでした。帰りも同じ道を帰りますが、急なので特に雨上がりなどは滑らないように注意しましょう。

 

小来川に降りてくると川筋に立派なお蕎麦屋さんがありました。山帰来という蕎麦屋です。

 

こんな落ち着いた店構えです。部屋から見える川沿いの景色も癒やされます。

 

天ぷらが載ったぶっかけお蕎麦が美味しかったですね。遅めの登山で降りてくると結構空いていますが、お昼の時間帯は混んでいますので注意しましょう。

 

栃木百名山登山の記録はこちら

 

栃木百名山一覧はこちら

 

栃木の情報あれこれはこちら

 

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です