栃木百名山第80座高館山:益子の名峰は西明寺を抱く山

益子の高館山は、真言宗の寺院で有名な西明寺の裏山、西明寺見物と併せて楽しめる

西明寺は正式には独鈷山善門院西明寺といいます。本尊は十一面観音で、坂東三十三箇所第20番札所でもあります。

高館山には山頂直下の西明寺に駐車場が有ります。そこからだと300mで西明寺を経由して高館山に登れます。今回は、益子の森の下の駐車場に止めて高館山を目指します。

益子県立自然公園:益子の森は、なだらかな丘陵地でサクラなどが植えられている里山林です。園内には散策路や芝生広場、吊り橋、展望塔などがあります。

また、このルートは関東ふれあいの道の一部なので、道標もしっかりしているので、道迷いの心配はありません。

トイレを済ませたら、権現平方向に登ります。ルートは、御自分の体力に合わせてご自由にお選びください。

途中のアスレチックなども交えると日頃の運動不足になります。

程なく権現平に到着します。ここからの眺めがおすすめですので、晴れた日には日光連山の山並みをご堪能ください。

この日は、晴れていましたが、日光方面は霞んでいました。残念です。もう此処までくればすぐに高館山の山頂です。

山頂は301.4mとあります。三角点もちゃんと有りました。山頂はあまり展望がないので、西明寺へ向かいます。300mほどで西明寺です。

西明寺は由緒あるお寺で、三重塔や本堂には古びた中に趣が感じられます。弘法大師が訪れたとされ、弘法大師道や弘法大師のお水取りもあります。(無盡水)

閻魔大王、善童子、悪童子、奪衣婆、地蔵尊の五体の仏像が並んでいる閻魔堂も一見の価値があります。

帰りは、高館山を経由して益子の森に向かいます。標高差200mおよそ6kmのハイキングはお昼や西明寺見学も含めて3時間あればゆっくり見学ができます。帰りには、益子焼の工房にお邪魔して益子焼きを購入したらいかがでしょうか。

栃木百名山登山の記録はこちら

栃木の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です