栃木百名山第96座両崖山:富士山の眺望が素晴らしい

栃木県足利市の両崖山は名前の通り登山道の両側が切り立った崖。危険はないが気を抜けない山。

両崖山の登山口はいろいろありますが、駐車場が広く両崖山の名前の由来を感じることができるのは、織姫神社裏手の織姫公園から登るのがおすすめです。

駐車場も広く織姫神社と併せての登山や、もみじの紅葉で有名なもみじ谷も近くです

登山道の両側が崖になっているということは、眺めがいいということです。写真のように足利百名山の山々や足利市街の町並み、地平線を見下ろすことができます。

登山道は松の並木の中を、途中いくつかの岩登りを繰り返しながら進みます。ここは、古いチャートの地層なのでしょうか。足利にはこのような岩野山が沢山あります。両崖山もチャートの両側が侵食されたんですね。

この日は冬晴れの日だったので、雪をかぶった富士山が顔を見せてくれました。こんな綺麗な富士山は久しぶりです。

富士山だけでなく、スカイツリーや東京のビル街も地平線の奥に見ることができました。

こんな岩場がありますが、崖をよじ登るような場所はありませんから、真剣に登れば危険はありません。下りはすべらないように注意しましょう。

鳥居をくぐれば山頂です。山頂には山名盤はないのですが、元の足利市長の石碑や、神社が祀ってあります。

ここまでおよそ1.5km標高差150mです。およそ1時間でゆっくり山頂に登れます。帰りは往路を下ります。45分ほどで駐車場です。

栃木百名山登山の記録はこちら

栃木の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です