日本百名山筑波山:おたつ石コースは奇妙な石がたくさん

筑波山は色々なコースが有り老若男女が楽しめす名山です。

茨城県の筑波山は日本百名山の中でい一番低い山です。しかし、その山容や関東平野にぽつんと鎮座する姿はやはり日本を代表する山なんですね。

筑波山は双耳峰です。男体山と女体山の山頂があります。今回はおたつ石コースで女体山に上りました。冬晴れで眺めがいい登山ができました。

おたつ石コースの登山口は筑波山ロープウェイののり口です。ちょっとした遊園地がありますがその脇を登って行きます。駐車場はたくさんありますが、繁忙期は早めの来場がおすすめです。

道標がしっかりと整備されており分岐にもちゃんとありますから道迷いはありません。登山道にはあまり気はないので眺望を選ぶならこのコースです。

弁慶七戻りや母の胎内くぐりなど、様々な奇岩が現れます。自然にできたんだと思うと、その偉大さを感じます。

出船入船、大仏岩です。納得ですね。わかり易い名前をよくつけたなと思いました。

女体山の山頂が日本百名山の山頂なので沢山の人で賑わっていました。

地平線がきれいに見えました。スカイツリーも肉眼でなんとか見ることができました。ラッキーですね。

帰路は往路を戻ります。全行程3時間、4km、標高差300mの山行でした。

栃木百名山登山の記録はこちら

栃木の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です