栃木百名山第38座高山:千手ヶ浜のクリンソウといっしょに

日光中禅寺湖の千手ヶ浜にある仙人庵のクリンソウは素晴らしい。高山登山と併せて楽しみたい。

千手ヶ浜に行くにはいくつかのルートが有ります。一番目メジャーなのは三本松からエコバスで往復するルートでしょう。バスは途中下車がどこでもできるので、自分の体力に合わせて降りる場所を決めることができます。

もちろん戦場ヶ原と小田代原を歩いて千手ヶ浜に向かうのもいいものです。

せっかくですから、体力のある方は高山登山と併せた周回ルートをおすすめします。

高山は標高1668m、登山口は1300mですから、累積標高差は500mくらいのまあまあの高さのある山です。中禅寺湖に注ぐ竜頭の滝の脇に佇む栃木百名山です。

駐車場は竜頭の滝の臨時駐車場です。この駐車場はもともと個々にあった菖蒲ヶ浜スキー場の駐車場のため、500台以上の車が止められます。いつも数十台しか駐車していませんから穴場なんですが、利用者は少ないです。

駐車場の奥に中禅寺湖の遊歩道への取り付き口があります。

ここから千手ヶ浜までは約4km、行きが下りで帰りが登りのコースです。

中禅寺湖や向かい側の社山や黒檜岳を眺めながらの散策です。

ヤマツツジがかろうじて残っていましたが、ほぼツツジは終わっていました。でも、梅雨の時期に見られるギンリョウソウが有りました。また、この辺りの中禅寺湖湖畔はなんとも言えない美しさです。

千手ヶ浜から中禅寺湖を挟んで見る男体山の勇姿は素晴らしいですね。今日は山頂に雲がかかっていました。中禅寺湖に映る男体山も素敵です。

いよいよ仙人庵に到着です。ここのクリンソウは毎年来ても飽きません。今年は心なしか少ないように感じました。でも、池の周りや木陰には沢山のクリンソウが色鮮やかに咲いていました。

この自然は末永く残していきたい自然です。鹿に食べられないよう、網をかけたり、柵を作ったりと仙人庵の人たちの苦労に感謝します。

男体山の雲が低くなり、雨が僅かに降り出したので、急ぎ帰路につきました。途中熊窪で高山に行くかこのまま中駐車場に戻るか判斷です。

雨も小ぶりですし、時間も早かったので高山を登って駐車場に戻るコースを選択しました。

通常の登山ルートと反対方向なので、降りてくる人にしか会いません。まあ、地図を見たら竜頭の滝から登ってこちらに降りるのが楽なんでしょうね。

しばらく緩斜面を歩くと沢沿いに急登に入ります。小田代原、高山山頂への分岐まで約40分。ここで2回目の判斷雨は止んでるし、体力も大丈夫そうなので、高山山頂行を選択。つづら折りを大きく三回結構タフな上りが続きました。

山頂付近に入り、ヤマツツジとシロヤシオが最後のひと頑張りで残っていました。

分岐から約40分で山頂です。山頂には三角点と位置表示版が有りました。眺望はなんとか中禅寺湖と社山が眺められる程度でした。

下りは斜度が低いつづら折りをひたすら降りていきます。林間なので、時折太郎山や男体山が顔を見せる程度です。

やく2kmの下りを1時間弱でおります。かろうじて日陰に石楠花が残っていました。

下の方にはバイケイソウの群落ですね。

最後は竜頭の滝に到着して本日の登山とクリンソウを愛でる散策終了です。

栃木百名山登山の記録はこちら

栃木の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です