うつくしま百名山:雄国山は天空の楽園

うつくしま百名山雄国山に行ってきました。雄国山は雄国沼の外輪山の一座です。

雄国山は猫魔山火山のカルデラを囲む外輪山の一座です。うつくしま百名山の一座にも選定されています。

今回は雄国山の登山口ラビスパ裏磐梯から登ることも考えましたが、ニッコウキスゲの満開の時期なので、一番駐車場が広い雄国萩平駐車場からバスで金沢峠まで行き、そこから雄国山に登るルートを選択しました。

金沢峠は雄国沼に一番近い入山口です。バスを降りると目の前が展望台。真下には雄国沼と雄国湿原そして、外輪山の山々を眺めることができます。

湿原までは10分で降りられるのですが、湿原のニッコウキスゲの前に雄国山に登ってきました。雄国山の途中からは雄国沼と湿原が見下ろせます。

途中にある雄国休憩舎まで約30分、そこから雄国山山頂まで40分です。道中にはニガナやアザミなどの植物が咲いていました。時間がたつに連れて雄国湿原のニッコウキスゲの群落の黄色が濃くなってくる感じがしました。ニッコウキスゲの花は朝咲き始めて、一日で枯れてしまう花です。そんなことからなのか、曇の今日は午後になって花が大きく膨らんだようです。

ここのニッコウキスゲは標高差がないので霧降高原と違い一気に咲きます。霧降高原とは違った美しさが有りました。

不思議に思ったのは、この湿原には鹿対策がしていないにもかかわらず、鹿の食害がないということです。霧降高原は鹿の食害でニッコウキスゲがかなり減っています。

会津地方は雪の多さが有名ですから、鹿が冬を越せないのかもしれませんね。

梅雨の合間で栃木県は強風でした。幸いこちらは風もなく、雨に振られることなく梅雨の合間の散策は涼しく絶景有りの素晴らしい山行になりました。

木百名山登山の記録はこちら

栃木の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です