栃木百名山を楽しもう!:クリンソウと黒檜岳

千手が浜のクリンソウは見事です。黒檜岳登山と合わせていきたい。

中禅寺湖の西岸に千手が浜が有ります。

ここは、車では行けません。

ここに来るには、いくつかのルートが有ります。

歩く場合のおすすめは、竜頭の滝の入り口反対側にある旧菖蒲が浜スキー場の駐車場から歩くコースです。

約1時間中禅寺湖の岸を歩きます。

バスでくる場合は、三本末の駐車場に車を止めてバスに乗ります。

朝のうちは込み合いますので注意が必要です。

通常の週末は8:00スタートですが、この時期は朝の4時から運行しています。

詳しくはバス会社に確認の上乗車ください。

30分歩ほどで、千手が浜入り口まで運んでくれます。

ここにトイレが有ります。ここが最終ですので立ち寄りましょう。

バス停付近の川沿いから、クリンソウがチラホラとみられます。

でも何といっても、千手が浜の仙人庵です。一面に咲くクリンソウは見事という意外に言葉が有りません。

赤やピンク、白などのクリンソウが岸辺にたくさん咲いています。

クリンソウももちろんきれいですが、この時期はサクラソウもたくさん咲いています。

サクラソウのピンクの花も素敵ですね。

クリンソウを見終えたら、釣り橋を渡って黒檜岳の登山口まで歩きます。

登山口付近の川沿いにもクリンソウがきれいに咲いています。

日光開山の祖勝道上人(しょうどうしょうにん)ゆかりの地、約50年ぶりに再建した仏堂「千手堂」が有ります。

千手堂は784年、創建したとされています。基礎の石を残すのみとなっていたため再建されました。

ここを過ぎるといよいよ登山口です。

木に打ち付けられたマークなどを参考に登ります。最初のうちはロープなどがある急登となります。

季節によってはシャクナゲがきれいに迎えてくれます。

全体的には眺望があまりない林間の登山です。

社山への分岐点を過ぎると山頂です。

山頂付近は広い林間となっていますので、迷わないよう地図とリボンなどを確認しましょう。

ほどなく1976mの山頂です。

黒檜岳は眺望がないので、4月のアカヤシオ、5月から6月のシャクナゲ、6月のクリンソウの時期に合わせての登山がおすすめです。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です