秋晴れの筑波山は大渋滞

関東平野に大きな姿を見せる筑波山は、日本百名山の人気の山です。

知り合いが筑波の研修に来るので、久々に筑波山に登ってきました。

前日はつくば市で飲み会なので、奮発しつくば駅に近いホテルに宿泊。

呑みすぎましたが、筑波山は近くなので、朝ものんびりしたら失敗でした。

九時には登山口近くの市営駐車場は満車の状態です。

戻って下の駐車場に行ってほしいと守衛さんに言われましたが、まだ朝が早いのでお土産屋さんの中駐車場は空いているはずと思い、上に上がりました。

市営駐車場は満車

市営駐車場より300円高くなりますが、お土産屋さんに置くことができラッキーでした。

この酒屋さんは、休日はほとんど登山者に駐車場を貸すために呼び込みしてる感じでした。

登山で1日行ってらっしゃいと迎えてくれました。

筑波山登山は今回初めてのコース、白雲橋コースです。

白雲橋という橋があるんですね。

白雲橋を過ぎると登山口の石碑、鳥居、そして道中にはいくつかのお社が有ります。

ここ筑波山は、筑波山神社の御神体という位置付けのようなんですね。

女体山や男体山の頂上だけでなく、いろんな場所にお社が祀ってありました。

つつじが原コースの分岐をすぎれば山頂は目の前です。林の間から女体山の山頂が見えてきました。

この辺りはたくさんの奇岩が有ります。

陰陽石だけ写真に収めました。

ここからは、筑波山の山頂(女体山)目指して登山者とロープウェイの観光客で大渋滞です。

女体山に行かないならばさっと行けるのですが、一応上ったからにはいきたいですから並びました。

お社の脇を抜けると山頂です。日本百名山の石碑が置いてありますが、みんな並んで写真に撮ってますから、写真の掲載は人が大きく映っているので掲載やめました。

三角点と山頂からの眺めです。今日は霞が多く遠くまで見渡せませんでした。

女体山を後にして男体山頂へ。男体山頂のほうが混雑は少なかったです。

御幸ヶ原でお昼にしました。加波山は見えますが、霞んでいます。

御幸ヶ原も大勢の登山者と観光客でごった返ししていました。

帰りはモノレール脇のコースを下りました。

先日の台風で通行止めになっていましたが、開通したようですね。

大木が道をふさいでいたのを切り分けたり、土砂をよけてくれたようです。

土嚢が所々にありました。

五合目付近でモノレールがすれ違います。

ちょうどいいタイミングでつきました。

帰りも夕日に輝く筑波山を見ることができました。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です