大事沢の滝下見も、工事で入れず

大事沢の滝について聞いたので行ってみた。

途中、女峰山が綺麗に輝いていました。

目的は女峰山の後ろの沢です。

今年は雪が遅いので大丈夫かなと思い早速行ってみました。

しかし、台風19号の影響で沢が荒れていてさらに工事も入っていたので、すぐに引き返しました。

沢には土砂が積もっていましたが、歩けないほどではないようです。

パイプ製の砂防ダムの脇を巻くように工事車両の道路ができていました。

道路は第一の砂防ダムまで続いています。

砂防ダムが見えてきました。

沢の水はきれいです。量は場所を選べば渡渉できる感じです。

砂防ダムの右側を巻くように道ができていました。

現場の方に聞いたところ、次の砂防ダムまでは行けるとのことですが、現場監督さんがいないので今日は無理とのことでした。

諦めて帰ります。

帰りに川俣ダムの様子を見てきました。

台風19号の雨の量の多さを実感しました。

もう2か月以上たつのに、ダムは満水で周りの木が水につかっていました。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

古賀志山弁当岩敗退