尾瀬の大江湿原はニッコウキスゲとワタスゲのコラボ

ニッコウキスゲの開花が早かったのでしょうか、ニッコウキスゲとワタスゲの綿毛が一面に見ることができました。

ニッコウキスゲとワタスゲの時期が一緒に来るラッキーな年のようでした。

さらにラッキーなのは、長引く梅雨の合間の快晴の一日。

思いもかけず、尾瀬の自然を満喫することができました。

その他にも、ワレモコウやハクサンチドリ(終盤)、サワランなど様々な花にも出会えました。

ニッコウキスゲの群落ゾーンやワタスゲの群落ゾーン。

両方混ざっているゾーンなど、それぞれの味わいが有ります。

アザミもきれいに咲き始めています。

尾瀬沼が見えてくると、遠景に遠くの山、中間に尾瀬沼、そして近景にニッコウキスゲの群落です。

燧ケ岳もニッコウキスゲのバックにドーンと居座っていました。

尾瀬沼に着くとやっぱり沼と燧ケ岳のコラボがいいですね。

夏が来れば思い出すはるかな尾瀬♪

つい歌いたくなっちゃうそんな景色がいっぱいでした。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です