栃木百名山:山小屋・避難小屋一覧

栃木県は日戻りで登れる山が多いので、山小屋・避難小屋は少ないです。

庚申山荘

庚申山荘は栃木県唯一の友人の避難小屋です。有人といっても季節や時間帯によっては無人になります。

布団や水場、トイレが有るのはありがたいです。

庚申山から皇海山に向かうにはこの小屋が起点となります。

那須岳避難小屋

那須岳には避難小屋が2棟有ります。

そのうちの1棟が那須岳避難小屋です。

峰の茶屋から、三斗小屋方面に向かう途中にある無人の避難小屋です。

峰の茶屋避難小屋

那須岳の避難小屋のうちのもう一棟がここです。

峠の茶屋から登っていくと峰の茶屋で茶臼岳方面と朝日岳、三斗小屋方面に分かれます。

こちらの避難小屋は、火山噴火の際の避難小屋という位置づけです。

五色沼避難小屋

奥白根山頂から五色沼へ下る途中にある避難小屋です。

錫ケ岳方面に登る際にはここで宿泊すると便利です。

鬼怒沼巡視小屋

この小屋は東京電力の巡視のための小屋です。

黒岩山に登る際にはここが拠点となります。

念仏平避難小屋

金精峠から根名草山に登る途中に有ります。

これまでの避難小屋を場所を変えて新設したので、比較的新しい小屋です。

志津小屋

男体山の志津側の登り口に有る小屋です。唐沢小屋と共に日光連山の十三の際に便利です。

唐沢小屋

志津から女峰山に上る途中に有ります。

この辺一帯の縦走登山には欠かせない小屋です。

古峰ヶ原ヒュッテ・大芦渓谷ヒュッテ

その他に、古峰ヶ原ヒュッテと大芦渓谷ヒュッテが有ります。こちらは雨天時などの避難に役立ちます。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です