日本百名山:立山(雄山、大汝山、富士の折立)

梅雨明けで快晴の立山のはずが、戻り梅雨で大雨の予報・・・

案の定この日も午後から雷雨の予報です。

でも、午前は曇り一時雨から晴れに変わってます。

予定した立山、別山の縦走はあきらめて、なんとか立山の雄山登頂を目指しました。

一応雄山に登れば日本百名山の立山に登頂とのこと・・・

室堂駅前の立山玉殿の湧水をペットボトル2本に汲んで出発。

いざ立山制覇・・・

午前中のこの天気のうちに行けるところまで。

雪渓には結構雪がついてます。

アイゼンやチェーンスパイクはいらない感じ。

室堂山荘を通過します。

現存する日本最古の山小屋が保存されているんですね。

今日は行けそうにない別山方面です。今は雲がなく晴れています。

下の方にはミドリガ池ですね。

途中雪渓が6か所ほどです。

一の越山荘は宿泊できるんです。

ここに泊まれば結構楽に立山行けます。

浄土山も登りやすいです。

笠ヶ岳や槍ヶ岳方面が見えるんです。

ここからは急登です。

足場も悪いので注意です。

室堂周辺がきれいに見えてます。

今年は雪が多いうえに空梅雨なので、残雪が多いらしいです。

立山の三角点到着。

眺めは最高です。

ここで休んで雄山神社でお祓いを受けます。

ここが、雄山山頂です。初の3000m超えです。

これからの無事の登山を祈念してきました。

天気がいいので、次の大汝山まで20分です。

山頂は結構狭いので、ザックを置いて登ります。

すぐ下には大汝休憩小屋がありました。

さらに天気がもちそうなので、富士の折立まで15分です。

ここの山頂手前は、鎖場ではありませんが結構な岩場です。

この上が山頂です。

眼下には黒部湖がきれいですね。

この日の予想気温は山頂付近で最低が8℃最高が15℃です。

服装が心配でしたが、長袖のシャツに半袖のTシャツで概ねOKでした。

風が吹いたときはカッパを羽織りました。念のため持って行ったダウンは使いませんでした。

ただ、室堂の夜の星座見学の際にはダウンは必須ですね。

途中きれいにさえずっていたのは、イワヒバリです。

親子で群れをつくっている感じですね。

この日は逢えませんでしたが、次の日に雷鳥の親子に遭遇。

かわいいひなが8羽を見守るお母さんが立派です。

この日遭った高山植物です。

ハクサンイチゲ、イワツメクサ、アオノツガザクラ、キバナノコマノツメ、イワウメでしょうか。

こちらは、ミヤマキンポウゲとシナノキンバイ。似ていますが、葉っぱが違うかな。

そして、室堂付近にはこんな花がいっぱいです。

キヌガサソウ、イワカガミ、テナガチドリ、ヨツバシオガマ、チングルマ、クルマユリなどなどです。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら