htam

 栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。
冬晴れの男抱山から半蔵山周回 周辺の山々

冬晴れの男抱山から半蔵山周回

コロナの緊急事態宣言中ですが、密を避けて登ってきました・・・ 富士山から見た男抱山にかかる虹です。午後になって少ししぐれた時に現れました。ラッキーでした。 今回は三回目の男抱山から半蔵山です。 過去二回は、どうしてなのか分かりませんが、道を外して藪こぎという思い出のある山です。 今回初めて計画したル…
ギアの変遷⑩:ハイドレーション(水筒) 栃木百名山

ギアの変遷⑩:ハイドレーション(水筒)

登山に水は必需品です。 最近の登山は、この二つの水筒がベースとなりました。 これになるまでに8年の歳月が過ぎました・・・。 最初は、ペットボトルでした。その日によってお茶や水など購入して持っていきました。 結構これを選ぶのが好きでした。 その後、流行なので2リットルのハイドレーションを購入し使用しま…
ギアの変遷:ダーンタフにも穴が開く 未分類

ギアの変遷:ダーンタフにも穴が開く

穴が開いたら新品と交換しますのダーンタフもさすがに穴が開きました。 ダーンタフについてはこちらです。 ほんとに小さい穴ですが、ソックスの先端に穴が開いていました。 購入して5年です。 何回くらい履いたろうか・・・ 2足を交互に履いていたので、100くらいの登山にはいたと思います。 穴が開けば、新しい…
大坊山:眺望360度のツツジ山とローソク岩まで 周辺の山々

大坊山:眺望360度のツツジ山とローソク岩まで

足利の大坊山は眺望抜群の低山でした 左が大坊山、右がツツジ山です。通称越床山から振り返りました。 大坊山は栃木百名山には有りませんが、栃木県分県ガイドの山に一座です。足利百名山にももちろん入っています。 標高285mの低山です。 ですが、足利の山は山が低くてもさえぎるものがないので、遠く北アルプスま…
栃木百名山スライドショー 栃木百名山

栃木百名山スライドショー

栃木百名山を簡単に紹介するスライドショー全十集を作成しています 栃木百名山の選定はいくつかあるようです。 山頂の表示を見ても、番号が違うものがあります。 今回の番号は、下野新聞社が発行している本を基に作成しました。 第一集:第1座那須岳から第10座男鹿岳まで 第二集:第11座安戸山から第20座明神ケ…
ギアの変遷:冬におすすめソフトデニム(ジーンズ)登山 栃木百名山

ギアの変遷:冬におすすめソフトデニム(ジーンズ)登山

冬場の登山に意外とおすすめしちゃうデニムです。 これまで栃木百名山を踏破するにあたり使用したのは、三着のパンツです。 いずれも登山専用のパンツをはいていました。 登山用のパンツは、通気性がよく雨にぬれても乾きやすいく、速乾性なので私の登山をしっかりと助けてくれました。 今回初めて、デニム(ジーンズ)…
栃木百名山:初登り雨巻山 栃木百名山

栃木百名山:初登り雨巻山

風もなくぽかぽかの初登山でした 今回は大川戸の駐車場から、時計回りで御岳山、雨巻山、三登谷山と時計回りで周回するルートにしました。 猪ころげ坂と御岳山の北側の斜面が急なので、こちらは下りより登りの方が安心です。 雨巻茶屋を右手に登ります。沢ルートは冬場は凍っているので、尾根ルートから上り沢ルートに合…
栃木百名山:多気山で絶景の眺望堪能(密を避けて初詣でを兼ねて) 栃木百名山

栃木百名山:多気山で絶景の眺望堪能(密を避けて初詣でを兼ねて)

30分で登れる低山ですが、眺望は最高です。 宇都宮市西部の大谷地区にある多気山は古賀志山と共に宇都宮市の山のシンボルです。 山麓にある多気不動尊へのお参りと併せて気軽に登れる低山です。 山頂は東側が大きく開けていて、北は八溝山から茨城の山々などが一望できます。 登山口は、多気不動尊手前の茶屋の裏手か…
栃木百名山のガイドなら、マウンテンズ・ノット 栃木百名山

栃木百名山のガイドなら、マウンテンズ・ノット

2020年9月から宇都宮と栃木県を中心とした登山ガイドを展開しています。 事務所は宇都宮市の大谷にあるOHYA BASEの中です。 ここれまで登山用品の販売や山小屋などで働いてきた経験をもとに登山ガイドを展開中です。 ナイトハイクや宇都宮アルプス縦走、マウンテンバイクやスノーボードの講習など多彩なガ…
栃木百名山:新たな発見南陵直登古賀志山 栃木百名山

栃木百名山:新たな発見南陵直登古賀志山

今回は反省岩経由で南陵尾根直登コースを選択しました 何度行っても毎回新しいルートが楽しめる宇都宮市の名峰古賀志山です。 今回は赤川ダムの大駐車場から北登山道方面に進み、東陵尾根を辿るルートを選択しました。 いつもは南登山道を登ったり、北登山道を登ったりすることが多いのですが、今回は反省岩を通るルート…