ガーミンインスティンクトの活用⑧:ストレスの管理

心拍数により体のストレスを管理してくれているのが凄く役に立ちました

体調の変化は自覚症状がないと把握することはできません。

私の場合、時折寝込むような病があるので、その前兆を把握できれば助かるのにと考えることがありました。

そんな中、登山のために購入したガーミンのスマートウォッチがものすごく体調変化を表現してくれることに気づいたので紹介します。

購入したウォッチはこちらです。

この商品は、太陽電池搭載でバッテリー持ちがよく、登山に最適なものですが、ちょっとお高めです。

登山で必要な機能がほとんど入っているのでこの機種を選びました。

また、デュアルパワーなので太陽光で充電してくれるため、長持ちするのがいいですね。

必要なければ、ふつうのインステリンクトでも日帰りでの登山の機能はばっちりです。

今回ガーミンウォッチが血中酸素を図れるようになります。

この機種は対応機種なのがいいですね。

歩数と心拍数重視ならば、こちらがおすすめです。

使用を始めて一か月後に数週間寝込むことがありました。

やることがないので、スマホを眺めるばかりです。

そんな時に、いままであまり見なかったガーミンコネクトアプリのストレスを見る機会がありました。

平常時と寝込んでいた時のストレスの様子の違いが一目でわかりました。

こちらが、平常時です。夜の間は青色です。心拍数が低く休息が取れているんですね。

昼間は低山の登山をしたので心拍数が上がりストレス強度が上がっています。

こちらが、一日中寝ていた時のストレスです。

寝ている間だけでなく、午前中いっぱいはほとんど休息です。さすがに午後は横になっていても、スマホでbで尾を見たりして少しは動いていたので、心拍数が上がり低度のストレスがあります。

一番心配になったのは、体調がよくなった後のストレスです。

安静の時間が一日に5分です。

寝ている間もストレスが高い状態です。

でも、体調は良くなって活動はできているのです。

ただ、夜の寝つきが悪いなとは感じていました。

すぐに医者に行って相談しました。

原因は分かりませんでしたが、一週間睡眠導入剤を飲みましょうということで処方されました。

数日後からは眠りが深くなったのか、夜のストレスが減りました。

安静の時間が増えてきました。

少し安心しました。

自分で自覚がなくても、ストレスがあるとはびっくりでした。

こちらが心拍数の表示です。

散歩しているときには、上がっていることが分かります。

これでは、体調の様子はわからないですね。

このデータを、毎日スマホに取りためて眺めることで自分の体調の異変に気付くことができたのです。

ガーミンインスティンクトデュアルパワーは、買って損はないスマートウォッチでした。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

2件のコメント

  • htamさんこんばんは。気づかなくてもストレスってたまるんですね。知らなかった。
    25000円の商品もあるのね。

    今日はストレス安静にしないといけない日のようなのに体に負担かけてすみません。

    また情報共有させてくださいね。

    ではまた。

    • わざわざコメントありがとうございます。そう極性障害は、なかなかムズカシイ病気ですが、少しずつ回復するように成ってきました。今後もブログノゾイテくださいね。

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です