睡眠の質が重要③:アルコールも摂取しない時

アルコールを飲んで寝ると深い眠りの時間は増えましたが、飲まない方がボディーバッテリーが沢山チャージできました。

ボディーバッテリーは、昨日からプラス61です。

睡眠中に57増加しました。アルコールを飲んだ日はプラス40でした。20%ほど増えています。

激しい運動でボディーバッテリーがたくさん消費された日や、次の日に活動を沢山したい場合はアルコールを控えた方がいい感じですね。

一方、上手く説明できないのですが、睡眠中の深い眠りはアルコールを飲んたときのほうが多く取れました。

深い眠りが多ければ、ボディーバッテリーが多くチャージされるわけではないのかもしれません。

人にもよると思いますが、アルコールは適度に飲むのがいいようです。

今度はアルコールを少し多めに飲んで実験しました。

睡眠中のチャージ量はブラス7に下がりました。

アルコールの飲み過ぎは、やはりいけませんね。

今回の実験結果として、寝る前の珈琲とアルコールの両方の摂取は明らかに睡眠の質を妨げました。

アルコールは飲む量によっては、それほど大きく下げないので、適量なら深い眠りを増やすことも有るようです。

次回は、珈琲だけで検証しますね。

ガーミンの目次はこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。