ギアの変遷:ガーミンイン・スティンクト・デュアルパワーは秀逸

登山データのログの作成に、ガーミンのアウトドア時計を使ってみました。

ちょっとお高めでしたが、やはりバッテリーの持ちが心配だったので、デュアルパワーを選択しました。

最初はフル充電までできなかったのですが、通常使用で残り5日の容量の状態から実験をスタートしました。

フル充電だと、25日の表示ですから、おおむね5分の1の充電だったようです。

2時間ほどの散策でしたが、すべての機能をオンでバッテリー消耗削減の機能は使わずに計測を行いました。

また、通知機能もフルでしたので、メールやラインの着信が10分おきに時計に来るような状況でした。

心拍や通知をブルートゥースで逐次やり取りしていたのもバッテリーにはかなり負担であったと思います。

また、時計のセッティングもほとんどできていなかったので、道中セッティングを行ったり、機能を確認したりと、さらにバッテリー使用は普通の倍以上あったかと思います。

それでも、帰宅時にはまだまだ2日以上の容量が残っていました。

2時間でおおむね2日分ですから、全体の15分の一くらいでした。

ソーラー充電の補助充電は結構使える感じですね。

GPS使用で30時間、時計モードで24日は軽く持つ感じですね。

この写真はバッテリーをフル充電している写真です。

GPSログを取らなければ、バッテリーが半分でも11日持つという表示が見えます。

次回はフル充電で使用感をレポートしますね。

今回使用してみて、注意したい点をいくつか書き留めたいと思います。

一番は、コンパス機能で校正が失敗することです。

なぜか、購入段階からコンパスの指す方位が180度ずれていました。

校正を何度も試みましたが、いくらやっても失敗です。

ネットで調べると、こんな症状が他の方にも見られるとのこと。

真北でなく、磁北の設定にすると治るとの報告がありました。

案の定、それで正しく復活しました。

次に歩数のグーグルフィットへの連携です。

そのままでは、ガーミンコネクトへデータは連携されるのですが、いつも使っているグーグルフィットにはデータが行きません。

これも、ネットで調べるとHealth synkというアプリで連携できるとのこと。

これも、アプリを導入し無事にグーグルフィットに歩数や心拍数が引き継がれました。

宇都宮と栃木の健康ポイントアプリも無事に連携しています。

次に、ヤマレコにログを記録することです。GPXファイルをエクスポートできればOKです。

残念ながら、スマホのガーミンコネクトアプリはGPX書き出しに対応していません。

でも、スマホでガーミンコネクトのWEB版を開くことで、簡単にエクスポートできました。

後は、ヤマレコを立ち上げて記録をインポートすればあっという間にヤマレコに記録がアップロードできました。

まだまだ、使い倒すまではいきませんが、使用初日でもこのくらい使うことができる逸品です。

今後はさらに使って、レポートを更新しますね。

こちらが、スマホのガーミンコネクトアプリの画像です。

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です