足利市が火災条例制定

両崖山の火災の経験から「市の美しい山林を火災から守る条例」を制定しました。

市の美しい山林を火災から守る条例に関する記事

下野新聞によると、足利市の山林を火災から守るために条例を制定したようです。

足利市には両崖山をはじめ、大小山や行道山など眺望がよく登山道が整備された山がたくさんあります。

足利百名山と言われるほどたくさんの山が有ります。

その山林を美しいまま守るための条例なんですね。

仕方がないのかな?????

両崖山火災の記事はこちら

市内全域の森林において、

(1)喫煙(加熱式、電子たばこを含む)

(2)たき火

(3)煙火(のろし、花火など)

(4)裸火(ライター、ストーブ、コンロなど炎が露出するもの)

-の使用を禁止する。

というのが骨子です。

今回特に(4)の裸火も入っているので登山者には注意が必要です。

ライター、ストーブ、コンロなど炎が露出するものが禁止となります。

山頂でお湯を沸かしてカップラーメンを食べたり、コーヒーが飲めなくなります。

もちろんメスティン炊飯もダメですね・・・・

これからは、保温ポットで飲むしかありませんね・・・・

知らないで条例違反とならないよう注意してくださいね・・・・

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら