ガーミンインスティンクトの活用2:ナビゲーションが真髄

登山にナビゲーション機能がどれくらい使えるのか実験しました。

ログを取るだけでなく、スマートウォッチはナビゲーション機能で真価を発揮する秀逸な時計でした。

登山などのログを取るのはもちろん予想通りできました。

自作地図でのナビゲーションはこちらです。

過去のログを使ったナビゲーションはこちらです。

登山でも活用できそうですし、実際に戦場ヶ原ではしっかりとログが取れました。

でも、さすがに細かい地図は表示できないので、ナビゲーション機能は使えないと考えていました。

確かに表示される地図はこの通り簡易的なものです。

ナビモードで最初に表示される全体図はこんな感じです。

スタートとゴール、大体の方向はつかめます。

ヤマレコマップやヤマップの地図と比較したら雲泥の差ですね。

では、GPSボタンでスタートです。

少し大きく表示されました。進行方向やルートとのずれは分かります。

上の写真のように勝手に次の目的地が設定され、そこまでの距離とそこで曲がる方向が示されました。

これって結構使えるかな???

目的地は、次の交差点や曲がり角です。

登山では分岐になるのでしょうか???実際には今度の週末に実験します。

わざと設定コースから外れてみました。

5mから10m設定ルートから外れると、警告振動があります。

ヤマレコマップのルート逸脱警告と同じです。

ルートに戻るとまた振動で教えてくれました。

さらに、最終目的地までの所要時間、目的距離、到着時刻が表示されます。

これには驚きです。今のペースでどれくらい時間がかかるかは計測しているのですね。

この機能は登山では重要ですね。

ただし、標高差のある登山でどれだけ使えるかは、まだ分かりません。

登山なら、ソーラー充電がおすすめですね。

曲がり角が無くても、次の目的地まで右カーブと表示されるのもいいですね。

これは、登山でも使えるかもしれません。

早速帰宅してログを見てみました。

綺麗にログが取れています。

途中三回ほどわざとルートから外れてみましたが、それがちゃんと地図で分かりますね。

さらに逸脱ルートからの距離を示してくれ、またルートに戻ると振動で知らせてくれます。

このくらいのルート逸脱機能があります。

これって、登山や散歩だけでなく色々使えそうですね。

今後の登山が楽しみです。

地図上に道のない登山道で実験

宇都宮市の羽黒山で道のない登山道をどうナビしてくれるのか実験してきました。

地図は、PCのガーミンコネクトで作成しました。

割と大雑把に作成したので、登山道とは結構ずれているものと思います。

自分やほかの人のヤマレコのマップを取り込めば正確なナビができそうですが、今回はわざと雑に作ってみました。

案の定、登山道を歩いていてもルートロスの振動があります。

でもすぐに、ルートに戻りルートオンの振動があります。

自作のルートでは最終地点が目的地に設定されるだけで、途中の中間ポイントはありません。

帰りのルートまで作ってしまうと、目的地はスタート地点になってしまします。

もし、スタート地点に同じルートで戻る登山なら、山頂までのルートを作って、帰りはナビゲーションのスタートへトラックバックで戻る設定がベストでした。

ヤマレコのログをダウンロードして実験

基本的に登山道や山頂は、ガーミンの地図にはありません。

この地図は前回多気山に登った際のGPXデータをインポートしたものです。

何を目安に途中の目的地を設定しているのかはわかりません。

でも、こんない低い多気山でも、オートで目的地店が設定されます。

登山道の変化が急な場所がポイントになっているような気がします・・・

多気山の山頂は、オートのポイントに設定されていました。(他の山で検証予定)

山頂も含めたいくつかの目的場所が設定されるので、登山で使用する際には、過去のログからインポートするのがよさそうです。

ナビゲーション機能の種類

ナビゲーションにはいくつかのモードがあるので、いろいろ試してみてくださいね。

スタート地点モード

 ログ取りを開始したスタート地点に戻るモードです。さらに直行モードと来た道を戻るトラックバックモードがあります。

コースモード

 あらかじめ、ガーミンコネクトやその他の地図ソフトで作成したGPXファイルのコースに沿ってナビゲーションを行います。

日本百名山モード

 あらかじめと記憶されている日本百名山のルートに沿ってナビゲーションを行います。

高度機能へ

気圧天気機能へ

ヤマレコとの連携機能へ

栃木百名山完全踏破の記録はこちら

栃木県の情報あれこれはこちら

htam
  • htam
  •  栃木県宇都宮市に50年以上住んでいます。井の中の蛙です。栃木百名山は、2017年夏に6年かかって踏破しました。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です