古賀志山の鎖場の難易度の評価完了

古賀志山には20か所以上の鎖場があります

実際に登ってみないとその難易度は分かりません。

古賀志山には沢山のルートが有るので、よく調べないで行くと突然鎖場が現れます。

そんな時どのくらいの難易度なのか分かれば、このままいくのか引き返すのかの判断材料になると思いました。

人によって登りが嫌いな人や下りが嫌いな人もあるでしょう。

私はどちらかというと下りより登りの方が下を見ない分好きなタイプです。

ここでは、私が上り下りした範囲で難易度を示しました。

ぜひ参考にしてください。

一応「古賀志山を守ろう会」の示すルートは完了しました

登攀で有名な古賀志山です、不動滝やマラ岩、南陵ドームは登山道ではないので地図にも示してありません。

赤い丸は鎖場とは言わないことにしました

「古賀志山を守ろう会」の地図でも危険ポイントの☆マークは有りません。

☆マークがないということは、鎖も設置していないので登山道ではないということです。

中尾根の1番岩と2番岩はトラロープは有りますが、基本登山道とはしません

ローソク岩と蟹の横ばい縦ばいはロープもありません。

ここは自己責任で登攀してください。

地図上の星マークのA・B・Cは私なりの評価です。

複数の短い鎖場が連続する場所も有ります。その場合は、併せて1箇所として星じるしになっています。

星印20箇所をランク付けて見ました。

最後に行った松島コースのふんぎりはトラロープでしかも短いロープなのでランク外です

Aランク

Aは鎖場の中では特に危険な場所です。

主稜線と東陵尾根の鎖場、そして松島コースの下の鎖場の連続はAランクにしました。

松島コースの下の方にはこんな鎖場と岩場が連続します

落ち葉もありかなり怖かったので、Aランクとしました

主稜線のAランクの鎖場は垂直の崖です。

ここは松島コースのふんぎり、危険なのでランク外

巻道が有るのでそちらを利用しましょう

東陵の鎖場も連続でいくつかは高さ5mを越えていると思われます。

鎖を使わないと私には無理な場所でした。

Bランク

Bは普通ランクの鎖場としました。

この写真は鳥屋山の東のBランクの鎖場です。

足場はしっかりしています。鎖が無くても上り下りできますが、鎖が有るので安心な場所です。

鎖が無くても何とか上り下りできる場所で、鎖があることでその補助効果が大きい場所としました。

559P(班根石山)から北へ向かうルートの鎖場はCランクですが、そこに向かう根っこと岩の斜面を併せてBランクとしました。

西尾根から弁当岩に上るルートは鎖場がありません、でも岩場の連続なのでBランクです

Cランク

Cの鎖は上り下りするというよりは登山道を踏み外さないように設置されているものです。

足元に崖が有るので補助的に設置されています。

この鎖は全く使わずに登れます。

登山道を踏み外さないようにつけられているのだと思います。

あくまでも私の評価なので当てはまらない方もあるかと思いますが、古賀志山を楽しむために評価してみました。

2枚岩の上から東に向かうルート上の星マークは鎖は有りません。

岩の上りが有るのでCランクですが。

このルートは古賀志山を満喫する結構いいルートですよ。

参考にしてくださいね。

他にも身近な鎖場がいくつかあります。

鎖があるということは一応正式なルートなので、気を引き締めて通過してください。

鎖はないけど高度感があり、踏み外したり滑落すると危険な場所があります。

猪落としと名前が付けられています。

死亡者もありました。

高度感が嫌いな人は避けてくださいね。

栃木県の情報あれこれはこちら

栃木百名山完全踏破の記録はこちら