山ご飯

山ご飯⑭:シーチキンの炊き込みご飯 山ご飯

山ご飯⑭:シーチキンの炊き込みご飯

風速10mを超える強風の中でしたが、暴風とお湯からメスティンでおいしく炊けました。 今日は快晴でしたが、冷え込んでいて最高気温は7度でした。 日光方面はしぐれていて見えません。 その日光から男体下ろしの強い風がピューピューでした。 固形燃料1個でご飯が手けるか心配でしたが、暴風版をぴったりとメステイ…
山ご飯⑬:卵炊き込みご飯 山ご飯

山ご飯⑬:卵炊き込みご飯

今回は炊き込みご飯に卵を加えてみました。 炊き込みご飯は、いつっものように作ります。 今回の具は、大根と人参に加えてウインナーソーセージです。 いずれも細かく刻みます。 だしは、お茶づけの素を使いました。 今回は屋内なので、予備過熱なしで固形燃料を1個です。 15分で炊きあがります。 直ぐにふたを開…
山ご飯⑫:冬はお湯からメスティン炊飯 山ご飯

山ご飯⑫:冬はお湯からメスティン炊飯

冬のメスティン炊飯の予備過熱の代わりにお湯から炊飯がおすすめです。 冬のメスティン炊飯は25gの固形燃料では残念ながら火力が弱いことはこれまでも実験してきました。 ガスバーナーなどで、メスティンの中の水が沸騰するまで、予備過熱すると美味しく炊けます。 でも、ガスバーナーとかない方もいらっしゃいますよ…
山ご飯⑪:冬は25g固形燃料1個では厳しい 山ご飯

山ご飯⑪:冬は25g固形燃料1個では厳しい

予備加熱の必要性の検証実験してみました。 ガスバーナーの予備加熱を行わなくてもメスティンでうまく炊けるのか、再び検証してみました。 十分な時間給水し、水も少し多めにしました。 防風板をできるだけ風が当たらないようにメスティンの形に合うように設置しました。 この日のコンデションは小春日和で、気温は11…
山ご飯⑩:シーフードジャンバラヤ 山ご飯

山ご飯⑩:シーフードジャンバラヤ

アメリカルイジアナ州に端を発するケイジャン料理のジャンバラヤにチャレンジしました。 ジャンバラヤといっても、S&Bシーズニングのジャンバラヤの素を使って炊飯しただけです。 今回もいいお天気の下、おいしくいただくことができました。 気温は15度前後で、ほとんど無風状態です。 固形燃料がなくなったので、…
山ご飯⑨:焼き鳥と松茸の味お吸物炊き込みご飯 山ご飯

山ご飯⑨:焼き鳥と松茸の味お吸物炊き込みご飯

焼き鳥の缶詰一缶とお吸物一袋で美味しい炊き込み鳥ご飯です。 こんな感じで、おいしく炊けました。 松茸の味お吸物と味がマッチするように、焼き鳥の缶詰はたれ味でなく塩味にしました。 これが結構いい感じでマッチしていました。 今日は外の風が強かったので、屋内です。 いつものように固形燃料25gで15分の加…
山ご飯➇:お茶漬けの素&鮭の炊き込みご飯 山ご飯

山ご飯➇:お茶漬けの素&鮭の炊き込みご飯

シーチキン缶詰とお茶漬けの素で炊き込みご飯をつくりました。 今回は、永谷園のお茶漬けの素さけ茶漬け味を使いました。 こちらも、S&Bシーズニング調味料と同じように小分けの一袋がちょうどいい量です。 さけ茶漬けなので、シーチキンの缶詰を具として使いました。 シーチキンは一缶だと多いので半分です。 缶詰…
山ご飯⑦:メスティンシーフードパエリア(総仕上げ) 山ご飯

山ご飯⑦:メスティンシーフードパエリア(総仕上げ)

メスティン炊飯の総仕上げはパエリアに挑戦。 今回で7回目の炊飯になります。 総仕上げの調理はシイタケ入りシーフードパエリアです。 パエリアとピラフの違いはよくわかりませんが、とりあえずS&Bシーズニングのパエリアの素を使って炊いてみました。 今日は午前中天気が悪かったので、屋外でなく屋内でメスティン…
山ご飯⑥:最強S&Bシーズニング炊飯 山ご飯

山ご飯⑥:最強S&Bシーズニング炊飯

今回はS&Bのシーズニング調味料の試行です。 S&Bのシーズニング調味料は50種類以上の味が楽しめる小分けした調味料です。 登山の調味料としては、最強だと思っています。 一袋には2回分の調味料が入っています。 この1袋が炊き込みご飯なら丁度一合の量なのです。 メスティン炊飯にうってつけです。 S&B…
山ご飯⑤:冬のメスティン炊飯実験は大成功 山ご飯

山ご飯⑤:冬のメスティン炊飯実験は大成功

おこげが少しある美味しいご飯が炊けました。 今回で冬のメスティン炊飯の実験は終了です。 美味しいご飯が炊けたので、これからは本番です。 実際に登山の山頂でご飯を炊くことができそうです。 平地より気圧が低いので高い山では心配の面がありますが、低山なら冬場でも美味しく食べられそうです。 今回おこげができ…